二世帯タイプの注文住宅にするメリットとは?


生活面での充実したメリット!

これから注文住宅を検討している方の中には、二世帯タイプの家造りを考えているケースがあるかもしれません。親世帯と子世帯が一緒の空間で暮らすことで、様々なメリットがあるのも事実です。まず何といっても、家事や育児などの生活面で分担ができること。例えばどちらかの世帯が旅行中には、もう1つの世帯に家事や防犯をお願いしたり、子世帯が日中に仕事へ出かけている時間帯に、親世帯に子どもを預けるなど、色々なシーンで生活分担が可能になります。さらに親世帯が高齢の場合には、介護や看病が必要になっても、生活面でのスムーズなサポートが期待できるでしょう。特に注文住宅の設計は自由度が高いため、バリアフリーなど介護向けの二世帯住宅にすることも可能です。

経済面でも魅力的なメリットがいっぱい!

二世帯タイプの住宅には、経済面でも魅力的なメリットが沢山あります。例えば生活費を節約できる点もその1つでしょう。親世帯と子世帯の生活パターンが重なるほど、食費や光熱費といった生活費を工夫しながら、効率よく圧縮することができます。さらに条件を満たせば、相続税のメリットも考えられます。これは小規模宅地等の特例によって、相続税の減免措置を受けられるケースがあるからです。二世帯住宅を検討するなら、条件を満たしているのか、あらかじめ調べておくとよいかもしれません。

そして最後に注目したいのが、土地や家の購入費を低く抑えることが可能なこと。例えば親世帯が既に所有している土地の上に二世帯住宅を建てれば、子世帯は新たに土地を購入して家を建てる必要もなくなります。また住宅完成後のローンの返済や修繕費なども、二世帯で協力することによって、それぞれの世帯の負担も少なく済むでしょう。

愛知の注文住宅は、自然の木を使ったデザインやお洒落なデザインを大切にしている会社が多いです。好きなデザインになるよう、建設業者や土地相場、人気のエリアをしっかりと調べてから、依頼をする必要があります。

© 2020 . Real Estate Prices All Rights Reserved.