目的とライフスタイルに合った賃貸物件の選び方


静かな環境で暮らしたい方は防音性を意識

リーズナブルな家賃で暮らせる賃貸物件はとても魅力的な存在です。ただ物音に敏感な方は、費用対効果よりも騒音の有無で、物件を選んだ方が結果的に満足出来ます。特に長期にわたり暮らす予定なら、静かな環境のアパートやマンスリーマンションを借りた方が安心です。住まいの建材や立地条件によっては、どうしても日常的に物音が発生し、快適に過ごしにくくなります。木造や軽量の鉄骨で建造された賃貸物件はやや物音が響きやすいです。また住居同士の距離が物理的に近いアパートやマンションも神経質な方は避けた方が賢明です。壁が薄いとお互いの生活音がどうしても響きやすくなります。

自宅で過ごす事が多く、普段からよく部屋で勉強をしたり仕事の準備をする方々は、鉄筋コンクリート造りの賃貸物件にしたり、一戸建ての賃貸住宅にする等、工夫を凝らしましょう。また部屋同士の距離が離れているマンスリーマンションやシェアハウスなら、物音が互いに響き難いですし、新築の賃貸なら防音設備が完備されており、自分自身もまたテレビの音や掃除機や洗濯機の音などを出す事にナイーブにならずに済みます。

自炊派の方はキッチンの広さをよく確認

一人暮らし向けの安価な賃貸アパートや単身赴任のサラリーマン向けのマンスリーマンションはキッチンのスペースがコンパクトにデザインされています。若い大学生や一人暮らしのサラリーマン男性はあまり自炊をしない、と想定されているためです。最近は便利な外食サービスやデリバリーサービスがあります。そのため、自炊をする方々が以前よりも減ってきているのが実情です。新築の賃貸アパートやマンスリーマンションでも、一人暮らし向けのお得な物件は最小限のキッチンスペースしかない事が多いため、自炊派の男性や料理好きな女性はよく確認してから決断しましょう。

同じ賃貸アパートやマンスリーマンションでも、いわゆるファミリー向けの物件であれば、広々とした台所や調理スペースが設置されている事が多いです。家賃は一人暮らし向けと比較して若干高めです。しかし毎晩快適に夕飯が作れた方が生活の満足度は上がります。料理好きな方であれば普段からアパートの設備を利用して、自炊した方が食費は節約出来ます。多少家賃が想定よりも高くなっても、毎日自炊をすれば、調理し難い安価なアパートを借りるよりも、結果的に生活費が大幅に安くになる可能性大です。新しいファミリー向けの賃貸ならIH調理器や食器洗浄乾燥機などが搭載されている事もあり、快適に後片付けや料理の作業も進められます。

網走の賃貸物件の家賃相場は、札幌市街のものと比べ、安価な設定になっています。間取りが3LDKでは、札幌市街の半額の家賃相場を推移しています。

© 2020 . Real Estate Prices All Rights Reserved.