一人暮らしをしたい方必読!間取りや賃貸住宅のタイプについて


一人暮らしの部屋の間取りについて

不動産の賃貸住宅を選ぶときは、物件情報の広告を見ますが、その時に間取り図の知識はしっかり身につけておくとよいでしょう。間取り図には、居室やキッチン、お風呂などのさまざまな配置や設備の情報が盛り込まれています。一人暮らし向けの部屋の間取りは、居室が1つの1Rと1Kの2種類の住まいが主流です。この2種類がどういう違いがあるのかというと、キッチンと居室の間に、扉が有るか無いかという違いになります。扉が有る方が1Rで、無い方が1Kです。つまり、くつろぐ空間である居室から、キッチンが見えるか見えないかという違いですが、扉がある1Kの物件は料理の匂いが居室に付きにくいというメリットがあります。1Rと1Kの家賃を比べると、1Rの方が家賃が安いです。

マンションの特徴とは!?

賃貸住宅を探すときに、マンションかアパート、どちらにしようか悩むことがあるでしょう。どちらか選ぶときは、それぞれの特徴をとらえて、自分の住みやすい住宅のタイプはどちらかを見極めることが大切になります。マンションは、鉄骨や鉄筋コンクリートなどで造られていて、耐久性や遮音性に優れた建物が多いのが特徴です。見栄えがよく、オートロックなどの設備もあり、セキュリティ面に優れたマンションが多くて安全性も高いです。また、駅が近いなどの立地条件が良い物件も多いです。

アパートの特徴について

アパートは、木造や軽量鉄骨造が主流で、同様の家賃のマンションよりも部屋が広いという特徴があります。構造的にマンションよりも低コストの建築材で建てられているので、マンションよりも家賃が安いというメリットがあります。構造上、遮音性があまりよくないアパートもあり、上下左右の居住者との騒音トラブルが起きることもあります。隣人との部屋の間に押入れスペースなどがあるかどうかによって遮音性は違ってくるため、アパートに住みたい場合は内見時にそういったスペースはあるかなど、騒音についても確認しておきましょう。

4月から専門学校や大学の入学を機会に一人暮らしをする人は、就学期間だけ部屋を借りられる、学生マンションを利用するのもオススメです。学校の近くに立地していることがほとんどで、セキュリティ面も充実していることが多いです。学生しか住めない条件になっているため、どんな人が住んでいるかといことも把握できるので安心感があります。マンスリーマンションのように、一人暮らしの生活に必要な家電や家具、ネット環境があらかじめ備わっている部屋もあります。そういった物件なら、入居前後の引越し費用を抑えられますし、家電や家具の購入費などの初期費用もカットできます。

恵庭の賃貸物件がある地域の中央に、高速道路や鉄道が縦断していることもあって、札幌市街地までのアクセスも有用です。

© 2020 . Real Estate Prices All Rights Reserved.