後悔しないために!賃貸物件を選ぶなら収納と間取りをチェック


部屋数とライフスタイル

賃貸物件を選ぶ際、重要になってくるのが部屋の数です。二人以上の人数で暮らす場合、それぞれのライフスタイルを考えた上で物件選びをする必要があります。リビングや寝室とは別に、1人ずつ個別の部屋を持つことができれば一番良いですが、部屋数が多くなればそれだけ賃料も高くなるものです。予算内でちょうどよい物件を選びたい、そんな場合は普段の生活サイクルを意識した上で、必要となる部屋の数を考えていきましょう。起床時間が異なるなど、一日のスケジュールに違いがある場合は、部屋を分けた方が良いといえます。

生活動線から間取りをチェックする

賃貸物件の間取りをチェックする際には、生活動線がきちんと考慮されているかどうか、という点を見ておくことも大切です。別の部屋を経由しないとバスルームへ行けない、そんな間取りになっている場合は注意が必要でしょう。図面で見ているときには気にならなくても、実際に暮らし始めると度々不便さを感じることになります。賃貸物件を選ぶ際には現地で下見を行い、その場所で暮らすことを想像してみることが重要だといえるでしょう。

意外と見落としがちなドアの向き

間取りをチェックする際、見落としてしまいがちなポイントとして、ドアの向きが挙げられます。ドアが開く側のスペースには、物を置くことができません。狭い廊下に外開きのドアが備え付けられている場合、通行に支障が生じることもあります。間取り図にはドアの開く方向が描かれていますので、きちんと確認しておきましょう。

収納は位置と使いやすさが重要

収納が不足していると、室内に物を置かざるをえなくなり、家の中が雑然とした印象になってしまいます。十分な収納スペースがあれば、片付けをしやすくなり、居住空間を広く保つことができるでしょう。収納をチェックする際には、スペースの広さだけでなく使いやすさにも注目することが大切です。高い位置にある場合、重いものを仕舞うのは難しくなります。奥行きがあれば物をたくさん仕舞い込むことができますが、奥の方に入れた荷物を取り出すのが難しくなってしまうでしょう。物を仕舞いやすいか、取り出しやすいかといった点を考えておく必要があります。

キッチンやバスルームの収納をチェック

キッチンやバスルームに収納スペースがないと、何かと不便を感じることになります。料理をしていたり入浴している際に、他の部屋まで物を取りに行くのは大変です。また玄関周りやトイレルームなども、収納スペースがほしい場所だといえるでしょう。備え付けの収納がない場合は、ラックや棚などを置くスペースがあるかどうかを、確認しておくと安心です。

札幌中央区の賃貸は、他エリアと比べても物件数が豊富で選り取り見取りです。その理由は、このエリアは札幌の中心エリアで需要があるからです。

© 2020 . Real Estate Prices All Rights Reserved.