家族構成で選ぶ!北海道の賃貸物件の選び方


北海道の賃貸物件の特徴

北海道は広大な土地が魅力的な場所ということもあり、戸建て住宅やアパートなどがとても多い地域です。北海道の賃貸物件の特徴の一つが、防寒に優れた作りになっているということ。北海道の冬は氷点下になることが多いので、防寒性に優れた家でなければ過ごすことができません。また、賃貸物件の多くが備え付けストーブがあります。灯油かガスを燃料として使えるタイプが多く、昨今ではオール電化の賃貸物件も増えていることからエアコンが備え付けられている物件もあるようです。

防寒性に優れている反面、エアコンなどが備え付けらえていない傾向も多い為、夏場は扇風機が必要になってくるでしょう。新しい物件であれば、エアコンが備え付けられているところも増えていますが、まだまだ備え付けられていない場所が多い傾向にあります。札幌の中心街などでは駐車場が利用できないこともありますが、北海道全体として考えた場合、多くの場所で駐車場が利用できることも北海道ならではの賃貸物件の特徴と言えるのではないでしょうか。

家族構成や環境を重視して選ぶのがポイント

賃貸物件を選ぶ際に重要なポイントの一つが、家族構成です。単身なら収納が少なくても我慢できる部分もあるでしょうが、家族が多ければ多いほど収納力というのはとても重要になってくるでしょう。また、小さな子供がいる場合は、成長と共に考えなければいけない学校も選ぶ際のポイントになります。近くに小学校や中学校があるかという点は、生活環境として重要になってきます。さらに、小さな子供が多く住んでいる場所であれば、音に対しても許容してもらえる可能性もありますが、単身者ばかりのアパートなどを選んでしまうとクレームの対象となりやすい為、その点も注意して選びましょう。

駅に近い物件を選ぶと防犯面では安心できるのですが、騒音問題が出てくる可能性もあります。交通量の多い地域であれば、夜中まで車が走る走行音を聞くことになる為、小さな赤ちゃんがいるような家庭にはおすすめできません。家族構成によって、どのような物件が望ましいのか、さらには周囲の環境はどうかという点に注視し、物件を選ぶことが大切です。

収納力と間取りで生活のしやすさが変わる

子供がいる家族に人気の間取りが2LDKもしくは3LDKです。ただし、3LDKの物件は数が少なく、家族で生活する最低限の広さが確保できるのが2LDKと言われています。もちろん、それぞれの部屋の畳数によっては1LDKでも問題なく生活することができるのですが、子供が成長し、部屋を欲しがった時に与えらえるという点では2LDKがおすすめ。また、収納力はあった方が生活のしやすさが変わってきます。各部屋に収納があるかという点をチェックし、収納に余裕が生まれるかを判断することをおすすめします。

北見の賃貸物件の主要駅周辺には、総合病院をはじめとして、多くの病院やクリニックが点在しているので、急病のときも安心です。

© 2020 . Real Estate Prices All Rights Reserved.